学校に行きたくない高校2年ー原因は友達?精神的に追い詰められた?

通学路

 

高校に入学して、少し落ち着いたら、もう高校2年、高校も残り半分になっています。これからのことが気になって仕方がないかも知れませんね。

 

お子さんは高校1年から学校に馴染めていなかったのでしょうか?それとも高校2年になってストレスが大きくなり急に休み出されたのでしょうか?原因は友だちでしょうか?

高校は義務教育ではない為、出席日数が足りないと単位を落としてしまいます。

 

モジャ博士
学校に行けない場合、元々不登校で申し訳ないと思っている上に、高校では留年の問題が出てくるので、お子さんの悩みも、複雑で深く、精神的に追い詰められることも多いよう。

 

すーママ
ぜひお子さんとよく話をして一番良い道を選択できるよう手を尽くしてください。

 

学校に行きたくない高校2年ー友だちが原因の場合どうする?

教室

 

女子は男子に比べ友だちとの関係が深く複雑な為、悩むことも多い傾向に。また、中学生より高校生は大人のため、悩みも複雑で悩む場合深刻なことが多いよう。

例えば、今まで仲良かった友だちのグループで、リーダー的な子が何かのきっかけで機嫌が悪くなると、スルーされたり、仲間外れにされたりしてしまうよう。今まで仲が良いと信じてきたのにとお子さんはショックを受け思い詰めて学校に行けなくなります。

 

友だちが原因ということはどうやってわかりましたか?

お子さんの素振りからでしょうか?それとも話してくれたのでしょうか?それについてもっと話せそうですか?

 

だいたい見当はついているけれど、それについてもっと話をしようとたら、お子さんが怒る、又は避けようとする場合は、それ以上絶対に話をしないこと。そっとしておいてあげることも大切な親の役割です。

もし話ができそうなら、まずは話してくれてありがとうという気持ちで接しましょう。そしてこれからの学校側への対応をお子さんと相談して見ましょう。

お子さんはあなたに話すことでスッキリして、先生には話して欲しくない場合も。注意すべきは、学校に話すことによって、今まで友だちだった人たちともっと関係が悪くなり、お子さん本人も更に辛くなることも。

 

先生を通してその友達に話を聞いてみることが、有効な場合もあるかも知れません。しかし、先生は双方の話を聞いて、その結果お子さんの「気のせい」で済まされてしまう可能性も。

そうなってしまうと、元どおりの友だち関係に戻ることは難しいと言えるでしょう。その場合は新しい友だちを作ることで問題の解消を目指すのが良いかも。

 

クラスの中に、その友達のグループ以外の友だちはおられませんか?クラブ活動はされていますか?学校以外に参加していることはありますか?

ボランティアでも、バイト先でにも、別の場所に気の合う子がいれば、学校に仲良しがいなくても気持ちが軽くなれます。

 

お子さんの将来の目標はありますか?目標があれば、勉強を頑張る、塾で友だちができるなど別の方向での気持ちを向けることで学校の状況も乗り越えやすくなることが。

そして、いろいろ話す場合、あくまでも私だったら「こういう考え方もあると思う。」「私ならこうしてみるかも知れない」と言う程度のアプローチが良いでしょう。絶対こうすべき、とか上から目線の発言は避けてくださいね。

 

又、友だち関係と言っても、そもそも仲が良い友だちがいるのではなく、話をする程度の場合も。そして学校の友だちからどちらかと言えば浮いてしまっているということもあります。何かするたびにクスクス笑われたり、無視されてしまえば、お子さんは辛くて時にはどうして良いのかわからなくなってしまうことでしょう。

友人関係の問題は学生時代だけでなく今後も越えていかなければならない問題。自分で学校を変わりたいと決めることは悪いことでは必ずしもありません。

 

友だち関係だけの原因で不登校になった場合、学校を変えることで、元気に通えるようになることもあります。新しい学校が同じような価値観の人の集まりだと、より学校生活を楽しめることも。

しかし、いつも嫌な人がいるからと言ってこれから先は、いつも会社を変わることができるとは限りません。ですので、安易に決める問題ではないことはお子さんに伝えた方が良いでしょう。

 

そして、最後はお子さんが決めた進路ーその学校でそのまま頑張ってみる、別の学校に転校するを認めて応援してあげてください。その学校で頑張るのにも勇気が必要ですし、新しい学校に行くことも、今の学校で大変な思いをしたから、別の勇気が必要でしょう。

 

学校に行きたくない高校2年ー精神的に追い詰められた?

ベッドで悩む高校生

 

高校では、出席日数が足りなければ単位を落とし、留年になる可能性が。そこに、下記の理由で学校に行きたくない気持ちが加わると、大きな葛藤がおこってしまうことに。

 

高校に行きたくない理由は

  • 学校やクラスに馴染めない
  • 友だち関係の悩み
  • 先生が苦手
  • 勉強がついていけない
  • 苦手な科目がある
  • クラブの悩み
  • 受験
  • 将来の不安など。

 

学校に馴染めないのは、学校の雰囲気やそこにいる人の価値観が自分とかけ離れている場合におこりやすくなります。友だち関係は上記に挙げた問題以外には、いじめカーストと呼ばれる序列が。

「カースト」とはヒンドゥー教の身分制度ですが、学校にもスクールカーストと言われるものが存在すると言われ、容姿、勉強などで1軍2軍と呼ばれるランクづけをして差別を行うもので、その中で辛い思いをしている人も多いよう。

 

勉強に関する悩みは、ついてゆけない、どう頑張っても苦手でとても無理な科目があるなど。高校は単位を落とすと卒業できなくなる為、中学より深刻です。又受験将来の不安も中学時代より大きな悩みも。

このような悩みがある時、学校には行きたくなくなる訳ですが、これを越える目標や願い、希望のようなものがお子さんにあれば、悩みがあっても比較的乗り越え前向きに学校にも行きやすくなります。

 

ただし、体調が悪い場合は五月病や適応障害の可能性も。学校に行きたくない病の治し方〜高校生の場合はどうしたら?を参考にされてください。

 

まとめ

心象風景 芍薬

 

高校生の悩みは深く深刻である場合も多いです。ですから話してくれた時にはどんな話であれ、話してくれたことにまず「ありがとう」と言ってください。

お子さんは自分を受け入れて貰えれば、随分安心しますから、その後意見が違っても、気持ちは通いやすくなるでしょう。

 

すーママ
そして、状況が整ったら、あなたからの意見は「あくまで私はこう思う」「こうするのもあるけど」程度の選択肢の提案として話してください。

 

とても大切な問題だから、時間をかけて決めたほうが良い場合や、情報をもっと集めたほうが良い場合などは、お子さんを尊重しつつ、次回の話し合いの予定を相談するのも良いでしょう。

 

モジャ博士
悩みに対して一つ一つの決断をし、乗り越えることがお子さんの成長に繋がっていることをぜひ覚えていらして、お子さんの人生勉強の味方になって差し上げてください。

 

これからどうしたら良いかを悩んでいる場合には不登校〜高校の留年の割合は?その後はどうすれば良い?に書いていますので参考にされてください。

 

 

これからも、相談室では皆様の参考になる情報の発信に努めてまいります!クリックで応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です