学校に行けない中学生ー子供が中学校行かないとどうなる?

考える中学生女子

 

中学生のお子さんが学校に行けなくなってしまったら、親としては、「子供は中学行かないとどうなる?」と心配になりますよね。

モジャ博士
でもだからと言って、この記事を読んでいるあなたは、真剣にお子さんのことも考えておられるから、お子さんが学校に行けないと言われたとしても、また態度で示されても、無理矢理学校に行かせることは何の解決にもならないことをよくご存知のはず。
すーママ
とすると、中学は義務教育だけど、学校に行けないとなるとどうなるのだろう、またこれからはどうなって行くのだろうと不安が残ってしまいますよね。

そもそも学校ってどういうところなのでしょうか?

何の為に行くのでしょうか?

辛くて仕方ない場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

学校に行けない中学生は学校に行かなければならない?

参考書

 

学校に行かなくてはならないかどうかを話す時、小学校・中学校と高校は全く異なります。大きな違いは小学校・中学校は義務教育、高校は義務教育ではない点です。

 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

と憲法第26条第2項 で定められており、戦後混乱が続く中で、子供を家のために労働力として働かせるのではなく、子供に教育を受けさせる義務を負わせる為に整備された制度。従って、子供にとっては学ぶことは義務ではなく権利と考えられています。

 

親にとっては学ばせることが義務とされていますが、自己都合で義務を果たさないのが問題なのであって、子供が体調を崩したり悩んだ為に行けない場合は、それに該当しないのは明らか。

義務教育では生きていくための基礎知識や技術を身につけるだけでなく、社会で生きていく上で必要な集団生活の経験を増やしてくれます。ですから、学校というものを作り、お子さんを中学校まで無償で教育するよう国が制度を定めているのです。

 

とすると、お子さんが楽しく学校に通えれば、友だちもできて、経験も増えて、勉強もできるから、こんな良い制度はありません。利用しない手は無いわけですよね。

しかし、もしお子さんが「行かなくてはいけない」と毎日思っているのに行けない。悩んでいるけれど、行けないとなるとどうしたら良いのでしょうか。

 

参考:朝になると学校に行けない理由は甘え?行きたいけど行けないのは病気?

 

子供が中学校行かないとどうなる?ー気をつけたい6つのこと

落ち込む男子

 

インターネットでは「学校に行く辛さ」を物語る言葉が毎日書き込まれており、「学校に行かないとどうなる?」との思いから更に、不安を増加させてしまっているお子さんがが多くおられるのは紛れもない事実。学校に行かねばならないと思えば思うほど、親子ともに悩んでしまっておられるのです。

これからのことを判断するのに、何より大切なことはあなたのお子さんがどのような状況におられるかということ。

  • お子さんは登校の時間が過ぎたら体調が良くなられますか?
  • 毎朝体調に出ていますか?
  • 原因はわかっていて取り除いたり対策を立てることが出来ますか?
  • 対策を立てることが出来ない、または原因不明でしょうか?
  • いじめや人間不信で心の傷が癒えない状況でしょうか?
  • 悩みが続いていて最近体調にも出てきていますか?

 

体調に出ていても比較的軽度の場合、またお昼頃になったら元気になる場合は、様子をみて話をしましょう。悩みが続いていて体調も悪化してゆく場合は、心配なが隠れていないか、十分にみてあげる必要が。

原因が取り除けず心の傷が治らない場合、心の傷が深い場合は心配ですが、人の温かさに触れる経験により癒されていく場合も。学校が無理ならそれ以外の場で良い経験が増えないか考えてみましょう。焦らないことが大切です。

 

いじめの場合は徹底的な調査が必要な場合も。お子さんとも相談の上、学校と良く連絡を取ってください。

そして最も大切なこと、リストカットや自殺などにまで追い込まれるなら、学校を休む選択を選ばなければなりません。命があればこそ、良くなることも可能。

 

大切なお子さんの命が奪われてしまってからでは元も子もないことに。くれぐれもお子さんの命を最優先することをいつも念頭に行動されてください。

確かに多くの人は学校に行きます。しかし学校に行かなければ普通では無いのでしょうか?学校に行かないのはそんなに悪いことなのでしょうか?

 

世の中ほとんどのことについて言えるのは、「合わない」や「例外」はつきもの。アレルギーや体質的に受け付けないなどはその良い例。

学校がどうしても合わないからと言って必要以上に苦しむべきでははありません。子供の数自体は少子化であるにも関わらず不登校のお子さんは増加傾向であることもそれを示しているとも言えるでしょう。

 

国が学校や不登校に対する見方にも変化が見られます。2017年2月に「教育機会確保法(義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律)」で認められた2つのこととは、

  1. 不登校の場合に休むことの意味。
  2. 学校以外の場で学ぶことの重要性。

 

学校に行けなくなったお子さんは、「学校は行くべき」と思い込んでいる為に、自分を責めてしまいがち。保護者もその思いから、子供を家庭でゆっくりさせることができない傾向に。

これでは休むことで得られる回復ができずに症状を悪化させてしまうことに。今回の法律はそれを防止することを目的としています。

 

もう一つは不登校の子供に学校以外の教育の場を認めること。「学校を休んでもいい」と認めるなら、それ以外で教育を受けることができる道を確保する必要があることから、学校以外の居場所を認める方向性が定まりました。

学校とフリースクールの立場の整備が必要な為、まだ、枠組みが決まった状態ですが、現状、公的な機関では教育支援センターが、民間の機関ではフリースクールが、学校以外で学習のできる環境に相当します。

 

このように国も、不登校について理解を深めよう、少しでも良い方向に進むよう方針を少しずつ修正を図っているのです。国も少しずつ動いてくれていると思うとちょっとホッとしますね。

あなたは毎日暗い顔になっておられませんか?いつも思い通りには行かない、なかなか進まないこともあるでしょう。でもそんな時こそ6つのことを忘れないでくださいね。

  1. お子さんを責めない。
  2. お子さんの安全を第一に考える。
  3. 原因を問い詰めない。
  4. あなたにスマイル、お子さんにもスマイル。
  5. 辛い時にはあなたもお子さんも楽しむ時間を作って心の安定を図ましょう。
  6. 余裕があるときは少しずつお子さんが自信を取り戻すように環境を整えるなど前進。

 

すーママ
あなたが元気でいることが、解決の近道です。

 

参考:中学校の学校に行きたくない病〜原因は人間関係?めんどくさい?

 

まとめ

心象風景 手に花

 

中学になって学校に行けないと、まだ義務教育なのにと心配になりますね。

高校のことも考えて不安な方もいらっしゃることでしょう。けれど、お子さんが辛いことも忘れないでください。

 

モジャ博士
そう考えると、心配したり、不安に思ったりするより、環境を整備したり、お子さんが好きなことをする時間を増やすなどにエネルギーを使ったほうが良さそう。

 

話をじっくり聴く、コミュニケーションを高めることは大切ですが、長い道を進むにはあなたのポジティブなエネルギーが必要。ぜひあなたにも笑顔がありますように。少しずつ進めましょう。

体調が悪い場合は適応障害や五月病について学校に行きたくない病の治し方〜高校生はどうしたら?を参考にされてください。

参考になりましたらポチッと応援よろしくお願いいたします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です