学校に行きたくないけど無理やり行かせると不登校なのに行くきっかけになる?

母に抱きつく娘

 

学校に行けない時、もっと子どもの背中を押すべきか迷いますよね。お子さんが学校に行く時間が過ぎて元気になると余計、自分は甘やかし過ぎではないか?と不安になりませんか?

世の中の人たちも「あなたが甘やかすから子どもが行かないんだ」と言う目でみて、機会があればあなたに意見するかもしれません。でも本当にそうなのでしょうか?

 

不登校は、学校への行きしぶりする初期、心の葛藤を見せる中期、エネルギーを充電する後期、学校への復帰の時期があるのをご存知ですか?お子さんの状況に合わせた対応が必要。

「無理やり行かせる」ことで学校に行ける場合もあります。しかし使い方を誤ればお子さんの気持ちが復帰から遠のいてしまう結果に。どうすればお子さんにベストなのか一緒に考えてみませんか?

 

学校に行きたくないー不登校初期に無理やり行かせる?

 

学校に行きたくないとお子さんが渋り始めたら、親は戸惑い、無理強いする親は多いよう。かつての私は、息子が中学に入って行けなくなったとき、「無理やりはいけない」と聞いたことがあったので、怒ったり、力づくではなかったにせよ、不快な様子はありありとにじみ出ていたと思います。

息子が好き好んで休んでいるわけではない、苦しんでいるとわかっても、「とにかく学校に行くべき」「学校に行かないのはおかしいこと」と思い込んでいて、正論を振りかざし、無言の圧力をどれだけかけていたことかわかりません。けれど、息子は頑として学校にいきませんでした。今考えると、大きなストレスが、彼の足を動かないようにしていたのです。

 

近所の小学校4年生で学校に行けなくなったSさん。担任の先生はお子さんが不登校の時期があったと聴いていたお母さんは、真っ先に先生に相談。すると、担任の先生が「学校に来れない日は私が迎えに行きますよ」と。

担任の先生からのありがたい話なのですが、Sさんは先生がすごく怖いと思っていて、そう言われて、すっかり怖くなり、4年生の間は学校に頑張って行けたそう。このように、初期には効果がある場合もあります。

 

しかし、この話には後日談があって、その後Sさんは学校に行けなくなってしまったらしい。問題の原因やストレスが根本的になくなって解決したわけではないから、長期的にみれば、効果的とは言えない場合も。

また無理強いしている間に、お子さんがあなたにショックを受け、二度とあなたに相談するまいと思ったら、それこそ大きなマイナス要因に。

 

ですから、無理やり行かせるのは、試す程度で効果がなければすぐにやめるべき。お子さんの苦しい気持ちを共有する方が、根本的な解決を目指しやすいでしょう。

葛藤がおこる中期には無理やり行かせない方が良い?

学校にどんどん行けなくなってくると、お子さんの心はどんどん後ろ向きになっています。学校に行けない罪悪感。それでも足は動かない。

気持ちはどんどん落ち込み、ゲーム三昧、昼夜逆転も。見た目には好きなことをしているようで、親から見たら腹が立つこともあるでしょうが、実はお子さんは現実を受け入れるために葛藤を繰り返している時期。

 

お子さんには、今は休んでも大丈夫であると伝えましょう。学校に行かないこと=悪いことではないことも話せると良いですね。

そして一番大切なことは、一人で悩まないで話して欲しいと伝えましょう。お子さんが落ち着いたら、進路のこと、これからのことも一緒に考えてみてください。

 

学校に行かなければいけないと思える場合、今の状態からなんとかしなければと思える場合は解決に向かう希望があります。その思いが消えてしまうと、なかなか不登校からの脱出は難しくなります。

葛藤の時期は、見守るご家族も辛い時期ですが、お子さんもしんどい時期。とてもではありませんが、無理やり学校に行かせても効果はなさそう。

 

けれど、葛藤があるからこそ、解決への力が湧いてくるのです。この時期をこえて、その先が見えてくるのです。

 

エネルギーの充電の時期はどうする?

緑を囲んで座る生徒たち

 

葛藤が落ち着いてくると、お子さんは何かしないとと考え始めます。エネルギーを充電しても、いきなりフルで登校は大変な場合も。

この段階で大切なことは、社会復帰したいというお子さんの気持ちを上手に育てるように親が行動すること。お子さんの気持ちに寄り添いながらサポートしてください。

 

例えば、保健室登校や別室登校を勧めてみるのも良いかもしれませんし、お子さんによっては適応教室やフリースクールという選択肢も示しても良いかもしれません。

高校の場合は留年によって、もう全てが終わったと思ってしまっている場合が。しかし義務教育でないからこそ、たくさんの選択肢が用意されていて、個人の希望に合わせた道があるのです。新学期に向けての準備をしたり、中退した場合にも通信制高校やフリースクール、高等学校卒業程度認定試験など、選べる道があることを話してください。

 

留年からこれからのことを考える場合には、不登校〜高校の留年の割合は?その後はどうすれば良い?でも書いていますから参考にされてください。

 

復帰の時期には親はどうする?

いよいよ学校に少しずつ通い始めたら、親も祈るような気持ち。でもここで大切なことがあるんです。

まず「学校に行く」のは、お子さん自らが「行く」と言った時にしましょう。自らの力が大切。

 

そして、お子さんが行き始めたら、親はお子さんのことを見守るのだけれど、あまり見ないで。え?どういうこと?と思われるかもしれません。

つまり、親はそっと見守るのだけど、お子さんのことをじっと見守りすぎはいけません。学校に行った、行かなかった、すぐ帰ってきた、体調が悪くなったと一喜一憂すると、余分なプレッシャーを与えることに。

 

特に学校に復帰しだした頃は、お子さんも相当疲れが出ます。休んだり行ったりは当たり前。親は落ち着いて焦らず、目立たない感じで見守ることに徹しましょう。

また行きたいけど不安が強い場合には、本人が希望しているようなら途中まで車で送って行ったり、しんどければ途中で帰ってきても良いことなどを伝えてあげると、気持ちが軽くなって行きやすくなる場合も。

 

真面目なお子さんは、なんでもきちんとしないとと、自分で自分の行動のハードルをあげてしまうことが。こうやって逃げ道や楽にする方法を話しておくことで、不必要に自分がダメだと思い落ち込むことを減らせるかも。

途中で帰ってきてしまうことがあったとしても、それは大きな進歩ですよね。お子さんがそれを実感できるよう、お子さんが行きやすい環境が整うよう、工夫してみてください。

 

あなたはお子さんが学校に行こうとする気持ちがうまく行動に繋がり、少しずつ良くなってきていると実感し、それを継続できるようにという点を一番に親の対応を心がけてください。

 

まとめ

心象風景 ピンクのバラ

 

お子さんは学校に行きたくないと駄々をこねているのではなく、行きたいけれど行けないことがほとんど。不登校には段階があるので、お子さんの様子を見ながら、2つのことに気をつけてサポートしましょう。

  • お子さんが学校に戻りたいと言う気持ちが無くならないようにサポートすること。
  • お子さんがその気持ちが高まった時に実際行きやすいように、また少しずつ進歩していることを実感して、その努力を継続しやすいようサポートすること。

この2つを考えると、無理やり学校に行かせるのは、もしするとしても何回か、お子さんの状況を見極めるためにする程度でしょう。無理やり行かせている間に状況が変わり、お子さんがそのまま行ける場合も。

ただし、多くはお子さんが親がわかってくれないという気持ちになってしまう危険性が高いので、オススメはできません。特に、葛藤期に入って無理やり行かせるのは賢明とは言えないでしょう。

 

モジャ博士
「学校なんてもう無理」とあきらめてしまうと、お子さんの復帰が難しくなる傾向に。

 

お子さんの中に今の状況から抜け出したい気持ちを無くさないようにすることができれば解決に向かうのです。

すーママ
エネルギーを充電する機関や復帰の時期にもお子さんの自らの気持ちを大切にすることでプレッシャーが少なく、解決にエネルギーを傾けやすくなります。

参考:学校に行きたくない時、無理やり行かせる?不登校のこのかける10の言葉は?

 

参考になりましたらポチッと応援よろしくお願いいたします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です