登校拒否の対応ー症状がある高校生の不登校の対応を徹底解説!

悩む高校生男子

 

お子さんは朝学校に行けない時にお腹が痛くなりますか?それとも頭痛がするのでしょうか?

布団に潜り込んで学校に行けないのを見るのも辛いですが、体に出ると心配になりますね。

 

体に症状が出るのはどういう理由なのでしょうか?またこれって仮病じゃないの?いやいや、もしかして本当は何か病気だから行けないの?と心配になりますよね。

仮病でないかどうかは、お子さんを観察するとわかります。大抵は学校に行かなければいけないとわかっているが故に、とても辛い状況。体調も悪いと辛さも大きくなってしまうことに。

 

どういう心理でお子さんは今学校に行けないのか、そしてもし病気だとしたら1日も早く専門家の意見を聞きたいですよね。

また、これからどういう点に注意してお子さんを見守れば良いのか調べててみました。お子さんと接する際の参考にされてください。

 

登校拒否の心理って?サボっているかどうかはどう見分ける?

学校に行けなくなるには特有の心理があります。

  1. 「学校に行きたくない」気持ちやストレス・不安行動として「学校に行けなくなる」
  2. 「学校に行かなくてはならない」と思っているから苦しくてストレスがたまる。
  3. ストレスから体の状態に出る場合も。

 

学校に行けなくなるには、学校に行った場合のストレスがあって「学校に行きたくない」という気持ちが大きくなると、学校に行けなくなる状態に。朝起きれない、家からどうしてもでれない、行かなくてはと思っても足が戻ってきてしまったりするのです。

そして、ほとんどのお子さんが「学校に行かなくてはいけない」と思っているので、「行きたくない」自分が余計なさけなく、自信を失ってしまう傾向に。だから、朝学校に行く時間が過ぎると、お子さんの体調が良くなる場合があるのです。

 

心と体は別なのですが、あなたも経験があるように、ストレスがかかると体調が悪くなってしまうことが多くあります。心と体は影響しあっているからです。そのため、精神的なストレスを発熱、腹痛、食欲不振のような身体的な症状として訴える場合が。

よく学校へ行けないのは怠けだと言う意見がありますが、サボりかどうかを見分けるポイントは

  1. お子さんが学校に行かなければと思っているかどうか。
  2. お子さんが学校に行けなくて辛いと思われているかどうか。

 

時間が過ぎたら元気になるからと言って、上記の場合は仮病ではありませんし、また怠けでもありません。本当に辛いのです。ではどんな症状が出るのでしょうか?

 

学校に行けないストレスからの症状はどんな症状?

疲れた女子高校生

 

ストレスが強くかかると体にその症状が現れることがあります。その症状は

  • 身体症状
  • 精神症状
  • 行動

 

身体症状では発熱、 腹痛、 頭痛、 吐き気、 食欲不振、 嘔吐、 全身倦怠感、 喘息、 足が痛い、 胸がキリキリする、耳が聞こえなくなる、 目が見えなくなる、じんましんなど。

精神症状には、不安、 緊張、 恐怖、 イライラ、 憂うつ、 集中力の低下など。

行動には 爪かみ 抜毛など。本人が気づかず、髪の毛を抜いていたり、爪を噛んだりすることがありますから、気をつけて見てください。

 

心と体は別なのですが、ストレスを感じると、体に症状が出ることも多いです。と言うのは、心と体が影響を与えあっているから。そのため、精神的なストレスを発熱、腹痛、食欲不振のような身体的な症状として訴えることが多くみられます。

 

日本では元気なのに学校に行かないことを批判的にみる考え方が主流。「学校に行かなければならない」けれど「学校に行けない」というストレスが無意識的に体調を悪化させる場合が多いよう。ですから多くの場合は仮病や怠けではありません。

病院に行くと「原因はない」「神経症」「自立神経失調症」とされる場合も。しかし頑張って辛さを乗り越えてきた方や、できる方には怠けと映ってしまう場合もあるでしょう。

 

ですが、そんな時こそ、あなたがお子さんの状況を理解し、不必要な責めをしないように気をつけましょう。体に出るのは、「行かなければならない」という気持ちゆえの辛さによるもの、実際に体調も悪いのです。

ただし、中には本当の病気が隠れている場合があるので注意が必要です。お忙しい毎日ですが、これを機会に、お子さんのことを是非じっくりと見てあげてください。

 

不登校に隠された病気にはどんなものがある?

不登校といえば、朝起きれない場合の起立性調節障害、ストレスによる影響から五月病適応障害、うつ病などがよく言われます。

起立性調節障害は自律神経の乱れにより朝起きれず、午前中調子が悪い状態。不登校の原因の一つとされています。

 

五月病、適応障害、うつ病については、学校に行きたくない病の治し方〜高校生の場合はどうしたら?にも書いていますので参考にされてください。

 

起立性調節障害、適応障害、うつ病については自律神経乱れると重症化する場合が。生活を整え、ストレス発散ができるようあなたのサポートが大切です。

しかし、不登校の陰に潜む病気はこれだけではないことが近年わかってききました。朝登校時にお腹が痛くなる子はたくさんいますが、その子どもたちを調査してみると、潰瘍性大腸炎、機能性消化管障害、ピロリ菌の感染者が見つかったという報告があります。

 

潰瘍性大腸炎と大腸に無数の潰瘍ができ,良くなったり悪くなったりを繰り返し,何年にもわたって続くやっかいな病気。(日本小児外科学会HPより)

機能性消化管障害とは、内視鏡などの検査ではっきりと目に見える病気がないのに(胃潰瘍や胃がんなどの器質的病気がないということ)胃の症状が出る病気。

 

精神的ストレスから胃の貯留機能が障害され、少量の食べ物によって胃の内圧上昇により早期飽満感が引き起こされたり、胃酸に対して過剰に痛みを感じ、脳で不快な経験として知覚(認知)し、その反応がさらに消化管機能異常を悪化、慢性化するという脳と腸の悪循環の状態。

ピロリ菌の感染は胃潰瘍や胃がんの原因となると言うことは広く周知となって来ました。

 

体調の悪化と「学校に行けない」のどちらが先に始まったのかはわかりにくいですが、何れにしても体調がすぐれない場合は医療の支援も必要ですから、受診もしながらお子さんの気持ちを整えていきましょう。

起立性調節障害については、学校に行けない中学生ー学校に娘が行きたくない時の6つの対処法にも書いていますので参考にされてください。

 

まとめ

心象風景 秋桜畑

 

登校拒否になって症状が出る場合には、その程度がどれほど心配か見極める必要があります。軽い場合や短期間で治る場合には様子を見ると良いでしょう。

しかし、どんどん酷くなる場合や、精神的なストレスが大きな場合は受診して、どんな状態か、病気は何かしっかり把握しましょう。薬の力を借りる必要も。

 

まずは、急がずじっくり体調を整えて。これからのことはその後考えれば大丈夫。

 

モジャ博士
病気の時はエネルギーも下がっている状態。お子様の心と体を考えて、まずはゆっくりさせてあげましょう。

 

学校に行かなければと決めつけることはお子さんを追い詰めてしまいますから、体調が悪い場合は特に、親もそれに固執することなく、お子さんをまるごと受け入れ、良いところを伸ばすことに専念してみてください。お子さんに余分なプレッシャーがかかることを防ぎ、お子さんが自主的に進む環境作りに役立ちます。

比較的症状が軽度であってもも、不登校であればエネルギーレベルは下がっていますから、まずは充電できるよう家庭環境を整えてください。

 

高校はその後の進路のことでも悩む時期。なおさらエネルギーが必要です。目標があって勉強する必要がある場合は体の様子も見ながら勉強できる体制を作りましょう。

 

とりあえず、体調優先の場合は焦らないで!一番大切なのはお子さんの命。余分なことはあれこれ言わないことも大切です。

 

すーママ
その次に大切なのはお子さんが生き生き暮らせること

 

時間があり、お子さんが取り組めるようなら少しの時間であっても、楽しいこと得意なことがしやすい環境を整えてください。褒めて自信がついてこれば、考え方も自然と前向きになってきます。

 

参考になりましたらポチッと応援よろしくお願いいたします!↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です