中学生の不登校の原因〜勉強と親の対応はどうすれば良いのか?

ひとりぼっちの子ども

お子さんが学校に行きにくくなると、お子さん自信も毎朝大変な思いでしょうが、親も毎日朝気が気ではありませんよね。「とりあえず明日は学校に行けないかしら?」「勉強本当にやらなくて将来大丈夫?」と、不安で一杯に。

平成27年度 の児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査(文部科学省が発表しているデータ)によれば、小学生の不登校のおよそ250人に1人なのに対し、中学生 ではおよそ35人に1人へと急激に増加し、中学生は、高校生と比べても多くなっています。

 

モジャ博士
そんな中学生ですが、不登校の主なの原因は小学校から中学への生活の大きな変化思春期のの2つだけ

 

あまりにその二つが大きな影響力があるからなんですよね。

 

すーママ
でも本当の意味で克服するには親は子どもにどう接したら良いのか、長期化した場合の勉強はどうすれば良いのか、考えてみましょう。

 

不登校の原因となる小学生から中学生への大きな生活の変化

勉強する中学生

 

お子さんの中学は小学校の友だちがほとんどですか?それとも何校かの小学生が集まって構成されていますか?受験されたお子さんなら、全く知らない人の中で新しい友だちを作ることになりますね。

友だちを作るのは、幼い頃ならそばで遊んでいる間に何となく友だちになりましたよね。でも大きくなってくるともう少し複雑になります。相手はどんな人かな、こう言ってみようかなと工夫します。

 

全員が新しい人間関係を作ろうとする場合は、お互い仲良くなろうとするので、返ってきっかけが作りやすくなります。すでに友だちのグループができているところに入っていくのは、ちょっとハードルが高め。

大人だって引越ししたり、新しい会社に入ったりすると、ストレスがかかりますよね。子どもも同様。

 

友だちとの関係にも中学生になると変化が。小学校の友だちは近くに住んでいるとか、お稽古が一緒とかですが、中学に入ると同じ興味や気が合うなどで仲良くなることが多く、友だちとの関係も新たなものが生まれます。

 

小学校長く学校にいても全然疲れなかった記憶はありませんか?小学校って勉強も基礎的なことだし、先生にもタメ口でもしかられない。基本小学生って自由な時間が多く生活もゆったりしていますものね。

 

ところが、中学になると、どうでしょう。いちいち校則で、規定され、あれはダメこれもダメっていう感じで息苦しくはなかったですか?守るか守らないかは別として、先生には一応敬語を使いなさいとか?

 

勉強もグッと難しくなります。小学校ではオール満点だったのに、中学になったら勉強しても良い点を取るのが難しくりますよね。

やってもやってもできないとなれば、やる気は、すぐに下がりますよね。そうすると、勉強しない、わからない、わからないところが残る、さらにやる気が出ないの悪循環に。

 

宿題も小学生の時より、難しいし、また量も多くなり、テストも定期テストになって、数値での評価が当たり前、範囲も膨大。よほどガッツのある人は大丈夫かもしれないけれど、とてもではないけれど、ある程度コツコツやっておくタイプでないと、どんどんわからないところが残って、あとあと苦しい結果に。

だけど急にコツコツやれって言われても、今まで小学校でやっていなかったのですから。なかなか、急にはできない子もいますよね。

 

クラブはどうでしょう。ちょうど好みにぴったりのクラブがあれば良いけれど、クラブは施設の都合や予算などもあるから、数が限られてまうことに。

そうすると、もっと体育会系のクラブが良かったとか、もっとゆるいクラブが良かったとかなるわけです。この辺りも、希望とかけ離れていると本人の中でストレスが増える原因に。

 

またクラブは監督や先輩など今まで経験しなかった、濃厚な人間関係が。監督にはガミガミ叱られる、先輩には従わないといけない、同学年はライバル同士。上級生になるとさらに後輩との関係も出てきます。クラブの雰囲気にもよるのでしょうが、「ああ、しんどい」ってなってしまうことも何度も誰でもありますよね。

 

先生は気持ちが通いあうような先生でしょうか?中学になると先生も親も自立を促すような言動が増えてくる為今までとの変化について行けないお子さんも。

 

モジャ博士
中学生は中学生なりの疲れや悩みを抱えており、自分でどうにかしようと思っていることも。本人が本人なりに悩みや問題に向かおうとするのを妨げないのが一番大切。

 

すーママ
そのためには、指図する様な言葉ではなく親の寄り添う姿勢を示せる良いですね。

 

中学生の思春期 と不登校の原因の関係とは?

ひとりぼっちの中学生

 

思春期は、心の成長期だからこその不安定さがあります。あなたにも、ほんの些細なことで、友だちにこう思われたのではないかなとか、ああ思われたのではと気になって仕方なかった覚え、ありますよね。

そして、そこに、日常の小さなトラブルが重なると、それがちょっとした落ち込みの傷を深くしてストレスを大きくしてしまうのです。

 

また、それ以外にも精神的な成長が早い子と遅い子がいるということからも、ストレスが生じます。

成長が早い子から見ると成長の遅い子は頼りなく子どもっぽく見えます。違いを感じると、自分は変わっているのではないか、変に見られているのではないか、と落ち込んだり、劣等感を抱いたりの原因になったり。

 

そして、微妙な心のひずみで生まれたストレスの場合、子ども自身も上手く表現できないことが。

 

また、お子さんによっては変化によって生まれる不安定なものに合わせて行くのがしんどい場合も。柔軟なお子さんは変化に上手くついていき、自分を変化させることができますが、合わせるのが苦手だったり、変化への対応が難しい場合はしんどくなってしまう。

 

すーママ
小手先の対策で、とりあえずお子さんが学校にとりあえず行けば良いという対応では、無防備に学校に行こうとして更に同じ心の傷や、別の傷を追ってしまうことになりかねません。

 

モジャ博士
大切なお子さんのことですから、根っこの部分からの解決が必要です。

 

不登校〜中学3年間の勉強と親の対応はどうする?

教室風景

 

中学は3年間ですが学年によっても状況が大きく変化します。どの様なことにいつ気をつければ良いかまとめてみましょう。

中学1年では新しい友だちと先生、難しくなる勉強、クラブ、中学生生活になれるまでが大きなポイント。いわゆる中1ギャップをどう乗り越えるかです。

5月6月、とその後は夏休み明けが山場。クラブも夏以降続くとあとはスムーズと言いますよね。

 

中2は慣れてくる反面、勉強も難しくなり、クラブ活動の中心となり、疲れが出やすい時期。

どうやって乗り越えるのか、親は横から見守り、邪魔はしないスタンスで!

 

中3になるとクラブ命だったお子さんはからの巣症候群になり、受験に向かえなくなることも。

また勉強面では受験という大きな壁を乗り越える時期。高校生に向けて、社会からの自分に対する評価を突きつけられ、勉強ができない場合は劣等感が生まれます。

受験というプレシャー、漠然とした将来への不安、卒業して行くことの不安も。

 

このように中学は勉強の負担も一気に大きくなり、元気な中学生でもそれなりのストレスを抱えているわけですが、もし学校に行きたくなくなったらどうすれば良いのでしょうか?

 

初期では、暫くは親も毎日今日は行くのか、明日は行けるのかで一喜一憂してしまいます。

毎日が静かな戦いですよね。だから勉強のことは気にならない方も多いはず。

 


モジャ博士
そして、この頃に勉強のことをお子さんに言わないのは実は大正解。

 

だって、お子さんも不登校になりかけの頃は毎日「明日は行った方がいいよね。」とか「明日はどうしよう」とか思って、毎日体調に出る子が続出するほど苦しんでいるのですから。状況がわかっていれば、「学校に行かないなら、勉強しなさい」が禁句だと誰でもわかりますよね。

 

問題は学校にいけないのが習慣化してきた頃にどうするかです。

学校に行かないから、驚くほどに、成績は一気に下がります。

当たり前ですよね。だって、授業を全く受けていないのですから。

 

そして、ここでグッとこらえてください。焦りは禁物です!

今お子さんは勉強できそうですか?

 

一番良いのは、その頃までに、お子さんと気持ちの行き来ができるようになっていること。毎日お子さんがどの時にどんな風に考えているか、どんなことが気になっているか、わかれば、声をかけやすいですものね。

え? 不登校になってから、お子さんの気持ちがわからなくなったですか?

そんな時はまず、落ち着いてください。

 

とりあえずは、はっきりとわからなくても良いんです。勉強できそうかどうかの判断が最低限できれば。

話が出来るようになっていれば、できそうな状態かぐらいは聞けるようになっていますね。

 

すーママ
混乱葛藤が激しいお子さんに、勉強させようとする無理強いは厳禁!これだけは是非覚えておいて下さいね。

 

モジャ博士
出来そうな感じまで気持ちが落ち着いてきているなら、お子さんに相談してみましょう。

 

個別や家庭教師など、人との関わりが増えるので、その点もお子さんにとってプラスになりますね。適応教室もオススメ。

 

まとめ

心象風景 シロツメクサ

 

中学は小学校の生活からの大きな変化と、思春期の影響で、心が揺れ動き、些細なことでも大きな心の傷となる場合があります。

 

すーママ
表面的に学校に行けたらよしとするのではなく、根本的な解決にむけてどうすれば良いかを考えるために、子どもに寄り添う丁寧な対応がおすすめです。

 

モジャ博士
また勉強についてはお子さんの気持ちや状態を見ながら、決して理強いにならないよう、社会との接点を増やすことにも目を向けて考えると良いでしょう。

 

参考になりましたら、ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です